スムーズに仕事を進められる

>

窮屈なスケジュールにしない

余裕のあるスケジュール

修正箇所が見つかっても良いように、余裕を開けておいてください。
すると間違が起こっていた時に、直してから提出できます。
余裕がないと、焦って修正することになります。
するとさらに間違いが大きくなって、会社に迷惑を掛けるので気をつけてください。
間違いをたくさんする人に、これから安心して仕事を任せることはできません。
評価が下がり、最悪の場合はクビになります。

修正する時間を最初から確保していれば、慌てなくて良いので間違いが大きくなることはありません。
誰だって、間違いを犯すことはあります。
自分で気がついて修正すれば良いだけなので、余裕のあるスケジュールを組み立ててください。
タスク処理を簡単にするため、必要な条件です。

仕事が追加された時の対応

急に、新しい仕事を任される時があります。
余裕があれば、その時間に進めることができるので問題ありません。
どうしてもできなければ、断るという選択しもあります。
ですが仕事を断ってばかりでは、自分の印象が悪くなります。
また上司から依頼された仕事は、断れないかもしれませんね。
万が一の事態を考えて、スケジュールに空きを作っておきましょう。

時間に余裕があれば、心にも余裕が生まれます。
心に余裕がないと、周囲と上手くコミュニケーションを取ることもできなくなります。
タスク処理をスムーズにする時は、周囲の協力を得ることも重要です。
困った時は、周囲に相談すれば解決できます。
心に余裕が生まれるよう、スケジュールを考えましょう。